2008年06月01日

自衛隊道路大苦戦

■走行距離:57.6km

ジロ見ててどうやら山岳スイッチが入ったようで、久しぶりに本格的なヒルクライムをしようかと思いコース設定。小笠木峠〜板屋峠〜脊振山頂。山頂へのアクセスは未舗装路の自衛隊道路を使うため、シクロクロスのLUPOで出動しました。

小笠木峠は標高200m程度、トリプルセンターでちゃっちゃかのぼって下る。

下りきって大門交差点を左折、次なる獲物は板屋峠。645mだったかな。1番カーブの標識が見えてからヘタレなのでトリプルインナーを選択。かわりにケイデンス高めにクルクル登っていきました。

そして今回一番の難所、脊振山頂に至る「自衛隊道路」に突入、標高1055mを目指します。この道は過去MTBで2回登っていますが、シクロクロスでは初めて。ところがトリプルギアのインナーローでも大苦戦、少し歩きました。道のイメージとしては・・・油山の方江展望台に向かう道の最大斜度ぐらいがこの道の平均じゃなかろうか・・・しかも未舗装。

今日は脊振山をロードで登る「Brandex Cup」をチームがやっていて、脊振山頂ゴールだったので、「それを裏から回っておどかしに行く」のが、今回の主目的だったりしました(爆) だいたい10:30にトップゴールとふんで、ばっちりそのあたりで山頂に到達したらだいたい4人ほどがすでにゴールしていました。

イベント後はMTB参加されてたひとを連れて、自衛隊道路を下り佐賀橋経由で帰りました(ロード組は来たコース戻り)


あ〜つかれた

posted by みずポン at 21:36| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | CYCLOCROSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カシミールで平均斜度を測ると9.3%と出ました。平らな部分もあるでしょうから、勾配だけなら10%超が当たり前のコースみたいですね。
しかもあの砂利道ですから、とんでもないコースと言えそうです。
Posted by DENCHIクン at 2008年06月02日 07:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98866403

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。