2008年04月13日

パリ〜ルーベに熱中

今日の昼間はチームの総会で飲み食い。鹿肉おいしかったー

夜はパリ〜ルーベに熱中していました。初めて観戦しましたが、これがおもしろい!

通常のロードレースだと終盤10km見ればいいや、みたいな感じになることが多いのですが、この春のクラシックの見所はパヴェと呼ばれる「石畳コース」ですね。

石畳を走るだけあって落車は頻繁にありますし、石畳じゃないところでも激しい位置取り合戦で接触落車がよく起こります。なんかエキサイトしてずーっと観戦していました。

さて、最終の競技場周回、ファビアン・カンチェラーラ、トム・ボーネン、アレッサンドロ・バッランの勝負です!

どうなったかな・・・



posted by みずポン at 23:55| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | BYCICLE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このレースを見ると、シーズンが始まったな〜と思います。
最後の競技場はもう少しバトルをして欲しかったです(笑)
Posted by 亀仙人 at 2008年04月16日 08:37
解説があおってたわりにはカンチェが動いてなかったっすね(笑)
Posted by みずポン at 2008年04月17日 01:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。