2008年02月15日

チューブの劣化

朝に空気を入れてきたはずなのに、帰りにリアタイヤの空気が抜けていた。Pastoreはここ最近、1週間程度で空気圧が下がってしまう現象が続いていたのでうすうす感じていたのですが、チューブの劣化によるパンクだと判断。

チューブを取り出してみると、案の定劣化していました。異物による刺しパンクでもリムうちでもない。記憶が正しければPastoreは1年近くパンクしていません。タイヤの実走行距離も8000kmを越えているし。

ところがチューブを変えたのはいいですが、変えたチューブに空気が入りません。仕方ないので自転車を押して歩いて数十分。大橋のスポーツ自転車屋さんに見てもらいました。すると・・・変えチューブも穴が・・・orz どうやらサドルバッグの中の工具がチューブを傷つけていたみたいです。そのままパンク修理をしてもらいました。

念のため厄よけのため、ちょっと遠回りして某氏のマンションの前を通って帰宅。よし、これでパンクは当分なしだ(爆)




ミクとリンのハモりがすごいです。
posted by みずポン at 22:05| 福岡 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | BYCICLE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。